法科大学院の違い

法科大学院の違い

法科大学院は沢山あります。

  • 専修大学大学院
  • 神奈川大学大学院
  • 駒澤大学大学院
  • 学習院大学法科大学院
  • 明治学院大学大学院

まだまだ沢山の全国で70ヵ所以上の法科大学院があります。

これだけ沢山ある法科大学院ですが、大学院によって様々な違いがあります。例えば学費。公立と私立によっても学費が異なりますが、高いところで年間200万円以上。安くて年間100万円前後となっています。

また、大学院ごとの司法試験の合格率も異なってきます。例えば、合格率が高い大学院の場合、合格率は60%を超えていますが、低いところでは5%以下の所もあります。

学校の設備も大学院によって異なってきます。24時間自由に出入りできるところもあれば、制限されているところもありますし、法律専門の図書館が併設されているところやそうでないところなどもあります。

私の場合は、そこまで学費をかけられないので、なるべく学費が安いところを選びました。また、勉強する環境が整っている大学院を選びました。勉強する環境はとても私にとっては重要でした。


法科大学院 一覧